HOME > ピックアップブログ > 段差を無くしてフラットにする工夫
事例
2015/11/11

段差を無くしてフラットにする工夫

ダイワ化成技術
ピックアップブログ

移乗台に乗ってしまえば、あとは段差無しでの移動ができる。
施主様は事故で下半身不随とのことで、スムーズに浴室内を移動できるように「段差がないフラットな仕様」が求められました。
そんな想いを形にするオーダーメイドユニットバス介護ゆとりっくすを納品しました。

移乗台を使ってフラットに

開口が広い三枚引き戸を開けると、約2メートル×3メートルという広い浴室空間。

三枚引き戸を開けたところです
三枚引き戸を開けたところです

右側には水洗トイレと、それに続く移乗台。

一番手前が水洗トイレ
一番手前が水洗トイレで、奥に向かって移乗台とデッキがつながっています

左側には流しが付いています

一番手前が流し
一番手前が流しで、奥には通常のシャワーが付いています。

特長的なのは、なんといっても右側のフラットな部分。
水洗トイレの形状に合わせて移乗台を特注製作しています。
だから、車イスから移乗台に移りトイレに座るまでフラット。
トイレには背もたれも付いています。

とにかくフラット
フラットなのが分かります

トイレ周り
トイレ周りの様子

そこから浴槽への移動も段差をなくしてフラット!
青い部分は弾力性のあるマットをを敷いています。
下半身不随の施主様が壁に寄りかかったままシャワーを浴びることができるように、シャワー水栓は低めにセット。
浴槽に入る時のサポート用に、L型の手すりも設置しています。

浴槽とデッキ周り
浴槽とデッキ周りの様子

オーダーメイドだからできる細かい対応

トイレの高さから、移乗台の高さ、マットを含めたデッキの高さ、浴槽の高さ。
全てを統一してフラットにするというのは、オーダーメイドだからこそできること。
施主様のご要望をうかがいながら、設計を進めました。
車イスのまま浴室に来て、そこから一人の力でお風呂に入る。
こんな支援ができるのも介護ゆとりっくすです。

 

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

 

介護ゆとりっくすの製品情報 → 製品の詳細はホームページをご覧ください。

 

ダイワ化成 ブログ編集部
http://www.daiwakasei.co.jp/
http://www.daiwakasei.co.jp/blog/

 

Facebookで更新情報をチェック!