HOME > ピックアップブログ > 介護入浴機器に最適化したしたレイアウトでご提案!
コラム
2017/06/23

介護入浴機器に最適化したしたレイアウトでご提案!

管理者用
ピックアップブログ

ダイワ化成のシステムバスは、各社の介護入浴機器に対応!

防水性とメンテナンス性の高いシステムバスで、介護入浴機器に合わせた使いやすいレイアウトをご提案しています。

弊社ホームページにて特集を組んでいるので、寝位入浴機器、座位入浴機器、リフト仕様のものなど、ご希望に沿った介護入浴機器を閲覧できますよ。現在は14プランご紹介しています。

入浴機器対応システムバス紹介画像

 

介助する側される側に安心・安全を与える機械入浴

機械入浴は、歩行・座位の保持が困難な方や、思うように体を動かせない方に使用いただく入浴機器装置で、楽な姿勢を保ったまま身体を清潔にできます。

身体を清潔に保つということは、身体機能の健康を維持するだけでなく精神的な安定をもたらす大切なもの。しかし、入浴時の事故は2015年には4,800件を超えるなど、年々増加傾向にあります。そういった問題を解決するため生まれたのが、入浴機器装置です。

ダイワ化成の提供する浴室!

ダイワ化成の提案するシステムバスの浴室は、3つのメリットが。詳しくは介護ゆとりっくすにも紹介している、3つの特長をご覧ください。

介護ゆとりっくす3つの特長→3つの特長

介護現場にも設計・施工をする方にも双方に大きなメリットがあります。

<介護現場>

  1. ヒートショックの緩和
  2. 転倒事故の防止
  3. メンテナンス作業の軽減

システムバスは気密性が高く、二重構造のため温室管理が容易です。また、スリップ加工が施されているので転倒しにくく、万が一転倒した際も衝撃を緩和できる素材を採用。乾式工法なので、かびにくく、メンテナンスも簡単です。

<設計・施工現場>

  1. 防水性
  2. 工期短縮
  3. 上層階への設置が容易
  4. 施工管理・アフターメンテナンスの一元化

在来工法の建物への防水処理が不要なので、短期納品が実現でき、パーツを現場で組み立てる施工になるので施工性に優れています。さらに統一されたパーツなので、完成時に職人によるばらつきがなく、不具合が起こった時も原因が特定しやすくなっています。

 目的に合った入浴機器を選べます!

ダイワ化成でご紹介しているのは大きく分けて4種類。

寝位入浴・・・ストレッチャー(担架)に横になった姿勢でベルト等を使い固定し、ストレッチャーが上下に電気昇降することで湯船につかるタイプの入浴方法です。座位を取ることが難しい寝たきりの方に適しています。

 寝位入浴 ストレッチャー付き

 

座位入浴(チェアタイプ)・・・キャスター付きの専用のチェアに座ったまま入浴するスタイルです。浴槽の1方の壁が開くことで、そこにチェアごと侵入します。上下に昇降しないことで安心感があり、身体への負担も少なく入浴できます。

座位入浴チェアタイプ

 

座位入浴(リフト入浴タイプ)・・・リフトを使って入る入浴方法です。立つことは難しいが座った姿勢が安定している方が使います。車いす等から入浴用の椅子に座り、上下左右に電動昇降することで浴槽の中に入るタイプの入浴です。

座位入浴 リフトタイプ

 

座位入浴(自立補助〔ADL入浴〕タイプ)・・・比較的支援の軽い方は、自分でお風呂に入れる方も多くいます。よって、自立補助(ADL入浴)となるリフトや、またぎをなくし入りやすくした浴槽などもご紹介しています。

座位入浴自立補助タイプ

 

各ページそれぞれ入浴の仕方などの図式を使っていますので、使用方法が想像しやすくなっています。

図面や、各製品のメーカー別リーフレットもダウンロード可能です!

 

図面ダウンロードはこちら→http://www.daiwakasei.co.jp/product/systembath/kaigo_systembath_unitbath/machine_systembath_unitbath.html#DL

リーフレットのダウンロードはこちら→http://www.daiwakasei.co.jp/product/systembath/kaigo_systembath_unitbath/machine_systembath_unitbath.html#DL



入浴機器対応システムバス製品ページはこちら→http://www.daiwakasei.co.jp/product/systembath/kaigo_systembath_unitbath/machine_systembath_unitbath.html



ダイワ化成 ブログ編集部
http://www.daiwakasei.co.jp/
http://www.daiwakasei.co.jp/blog/

Facebookで更新情報をチェック!